石橋は叩いて渡る派

~叩きすぎて一寸先は闇~

履き違えた武勇伝~青春の特権は無知である~

こんにちは、ヌシです。

 

最近、考えさせられることがありました。

お酒の飲み方です。

 

お酒は好きだけど、飲み会が嫌いな人っていますか?

大騒ぎする大学生特有の飲み会が好きではない方はいますか?

 

私が、それです。

私は、アルコールがそこまで飲めません。飲み放題だと、損をします。それでも、友人とお酒を酌み交わす機会はとても有意義な時間だとは思っています。

 

ただ、どうしても。

 

どうしても嫌なことがあります。

 

大学生の「お酒をたくさん飲める人が優秀」という風潮です。

確かに、お酒を飲むと気も大きくなり楽しくなります。面白い会話や普段できない会話ができます。場を盛り上げる魔法の飲み物、それがお酒です。

 

だから、お酒がたくさん飲める人は、大学では重宝されるでしょう。

 

 

しかし、忘れてほしくないことがあります。

 

 

潰れることが武勇伝ではありません。

 

大騒ぎして迷惑をかけることが青春の1ピースではありません。

 

 

彼らの世界には、面白いこと、騒ぐことが青春であり正義なのでしょう。だから、お酒が飲めない人たちは、決して一気飲みやコールをやめろとは言いません。それが楽しいと思うのは個性です。

 

そうではなくて、散々お店のひとにも周りの人にも先輩や後輩、同期にも迷惑をかけておいてそれを「面白い」ネタと思わないでほしいのです。

 

一緒に騒いでいる人は、自分たちの責任もあるから面白いと思えるでしょう。しかし、巻き込まれた人はどうでしょう。

 

徘徊する後輩を見守るために徹夜で監視する先輩。

騒ぐだけ騒いで汚した部屋を後片付けする同期。

夜通し、酔っぱらってセクハラじみた行為に耐える後輩。

 

彼らたちは、楽しいと思うでしょうか。同じ金額を払い、店からお叱りの言葉を受け、頭を下げ、ベロベロになった人たちを背負い自宅まで運びます。

 

「やってられない」

「勘弁してくれ」

 

そういう言葉が出ます。

お礼の言葉を言ってくれればほんの少し気分も楽になります。

 

「迷惑をかけて、本当にごめん」

 

この言葉が本当に大事です。

もし、お酒で失敗してしまったら誠心誠意心を込めて言っくれたら少し気分が軽くなります。

 

 

そして、もう一つ。言ってはいけない台詞があります。

 

「酔っていたからあんまり覚えていない。だけど、ごめんね。」

 

これは、謝罪に入りません。

酔っていて、覚えていないは免罪符になりません。記憶を飛ばすほど、飲んで迷惑をかけたのだと理解してください。記憶に影響が出るのです。泥酔したことを認めてください。

 

そして彼らに20歳を過ぎたいい大人であることを思い出してほしい。

大学生だから、バカをやりたいのならバカを青春だと定義している人たちだけで飲み会を開催してください。

 

とある大学生の正義を悪だと思っている人がいることを忘れないでほしい。

 

ただ、その言葉を伝えると面白くない、小言ばかり言う奴と逆ギレされるのでサイレントマイノリティとなります。

 

 

沈黙こそ、我慢こそ大学では楽な生き方なのでしょう。

でも、それって生きづらいなあって悲しく思ってしまうのです。

 

かつての文豪、三島由紀夫の言葉にこのようなものがあります。

 

青春の特権は無知である。

 

しかし、無知が青春なのではなく、無知だからこそ知識に体験に貪欲であれという意味なのではないかと思います。偏見も常識もない、真っ新な若者こそたくさんの価値や思想を知るべきなのでしょう。そうすることが、いつか何かの問題にぶち当たったときに考える術となるはずだと信じます。

 

私も、いわゆるパリピやウェイ系に対しての理解を深めていかないとなあと思います。世界には、いろんな人がいるし私が間違った道に進んだ時に止めてくれる思想や価値に出会うこともあるかもしれません。