読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石橋は叩いて渡る派

~叩きすぎて一寸先は闇~

完全無欠の私のアイドル

 

どうも、こんばんは。

ヌシです。

 

今日は、先日の快晴はどこに行ったのだと問い質したいくらいにどんよりとした曇り空でした。

 

洗濯物が溜まる、溜まる…。

 

さて、そんな気分も落ちるような天気の日に私が日々癒しとしているあの子について語りたいと思います。

 

 

私のアイドル…

 

その名は…

 

まっぷーちん!!!!

 

まっぷーちんって誰だよっていう方のために、まっぷーちんの紹介及び個人的にどこが可愛いのか語っていこうと思う。

 

まっぷーちんとは?

 

本名 まっぷ。その名の由来は、背中に地図のような模様があることから。

 

優しい新婚夫婦に飼われる5歳のマンチカン

 

垂れ耳なので、スコティッシュフォールドっぽいがマンチカン

 

おやつやご飯が好き←ツイートを見た個人的感想

 

 

しかし、本当に可愛い。

 

愛くるしい。

 

丸っこいフォルム、垂れた耳、真っ白なモフモフしたお腹。

背中の模様、大きなまん丸の目。灰色と黒色、ほんの少し茶色という絶妙な色合い。

 

完全無敵の可愛い猫ちゃんである。

 

 

 

個人的には、鼻あたり(こういう形→ω)のモフッとした感じがたまらん。

 

たまらん(どうでもいいけど、大事なので二回言った)

 

 

それでは、私の厳選したまっぷーちんさんのツイートをどうぞ!

 

 

ご飯と気づき、待っているまっぷーちん。

 

 

遊ぶことにも全力なまっぷーちん

 

 

 

驚きのまっぷーちん

 

 

掃除に厳しいまっぷーちん

 

 

 

潤んだ瞳のまっぷーちん

 

 

 

ほ…惚れてまうやろ!!!!

 

惚れてしまった方はぜひ。

 

 

 

まっぷーちんのブログ

http://nekonavi.jp/archives/author/map_u_chin

 

まっぷーちんのTwitterアカウント

@map_u_chin

 

 

 

 

チェックしてくれよな!!!

 

 

 

今日も、彼に癒されてくる。

それでは、皆さん水曜日も頑張りましょう💪

 

履き違えた武勇伝~青春の特権は無知である~

こんにちは、ヌシです。

 

最近、考えさせられることがありました。

お酒の飲み方です。

 

お酒は好きだけど、飲み会が嫌いな人っていますか?

大騒ぎする大学生特有の飲み会が好きではない方はいますか?

 

私が、それです。

私は、アルコールがそこまで飲めません。飲み放題だと、損をします。それでも、友人とお酒を酌み交わす機会はとても有意義な時間だとは思っています。

 

ただ、どうしても。

 

どうしても嫌なことがあります。

 

大学生の「お酒をたくさん飲める人が優秀」という風潮です。

確かに、お酒を飲むと気も大きくなり楽しくなります。面白い会話や普段できない会話ができます。場を盛り上げる魔法の飲み物、それがお酒です。

 

だから、お酒がたくさん飲める人は、大学では重宝されるでしょう。

 

 

しかし、忘れてほしくないことがあります。

 

 

潰れることが武勇伝ではありません。

 

大騒ぎして迷惑をかけることが青春の1ピースではありません。

 

 

彼らの世界には、面白いこと、騒ぐことが青春であり正義なのでしょう。だから、お酒が飲めない人たちは、決して一気飲みやコールをやめろとは言いません。それが楽しいと思うのは個性です。

 

そうではなくて、散々お店のひとにも周りの人にも先輩や後輩、同期にも迷惑をかけておいてそれを「面白い」ネタと思わないでほしいのです。

 

一緒に騒いでいる人は、自分たちの責任もあるから面白いと思えるでしょう。しかし、巻き込まれた人はどうでしょう。

 

徘徊する後輩を見守るために徹夜で監視する先輩。

騒ぐだけ騒いで汚した部屋を後片付けする同期。

夜通し、酔っぱらってセクハラじみた行為に耐える後輩。

 

彼らたちは、楽しいと思うでしょうか。同じ金額を払い、店からお叱りの言葉を受け、頭を下げ、ベロベロになった人たちを背負い自宅まで運びます。

 

「やってられない」

「勘弁してくれ」

 

そういう言葉が出ます。

お礼の言葉を言ってくれればほんの少し気分も楽になります。

 

「迷惑をかけて、本当にごめん」

 

この言葉が本当に大事です。

もし、お酒で失敗してしまったら誠心誠意心を込めて言っくれたら少し気分が軽くなります。

 

 

そして、もう一つ。言ってはいけない台詞があります。

 

「酔っていたからあんまり覚えていない。だけど、ごめんね。」

 

これは、謝罪に入りません。

酔っていて、覚えていないは免罪符になりません。記憶を飛ばすほど、飲んで迷惑をかけたのだと理解してください。記憶に影響が出るのです。泥酔したことを認めてください。

 

そして彼らに20歳を過ぎたいい大人であることを思い出してほしい。

大学生だから、バカをやりたいのならバカを青春だと定義している人たちだけで飲み会を開催してください。

 

とある大学生の正義を悪だと思っている人がいることを忘れないでほしい。

 

ただ、その言葉を伝えると面白くない、小言ばかり言う奴と逆ギレされるのでサイレントマイノリティとなります。

 

 

沈黙こそ、我慢こそ大学では楽な生き方なのでしょう。

でも、それって生きづらいなあって悲しく思ってしまうのです。

 

かつての文豪、三島由紀夫の言葉にこのようなものがあります。

 

青春の特権は無知である。

 

しかし、無知が青春なのではなく、無知だからこそ知識に体験に貪欲であれという意味なのではないかと思います。偏見も常識もない、真っ新な若者こそたくさんの価値や思想を知るべきなのでしょう。そうすることが、いつか何かの問題にぶち当たったときに考える術となるはずだと信じます。

 

私も、いわゆるパリピやウェイ系に対しての理解を深めていかないとなあと思います。世界には、いろんな人がいるし私が間違った道に進んだ時に止めてくれる思想や価値に出会うこともあるかもしれません。

異空間巡り~渋谷編~

どうも、こんばんはヌシです。

 

今日は、とても暑かったですね。こちらに来て幾何かの年を越しましたが、いまだに暑さには慣れない道産子であります。

 

5月が、こんなに暑いなんて聞いてないぜって思いながら大学へ自転車で坂道を上っています。

 

さて、今日はだいぶ昔(昨年の夏)に長期休暇で貯めたバイト代でとある不思議な店に行ってきた話をしたいと思います。

 

どこかと言いますと

 

 

渋谷

 

 

渋谷って聞くと、若者の街とかハチ公とかスクランブル交差点というイメージしか上京前のヌシは持っていなかったのですが、結構いろんな面白いモノが溢れている街なんだと知りました。

 

 

特に私は現実世界とは異なる時空や空間をこよなく愛するため、そういったイベントや場所に足繁く通っています。

 

さて、今回紹介したいお店が2店

 

1店目    水曜日のアリス

matome.naver.jp

不思議の国のアリス鏡の国のアリスの世界をコンセプトにしたお店。

 

本当に可愛いし、凝っています。

 

まず、最初に驚くのは外観。

 

外にいくつかの扉があり、その中でも一番小さい扉でしかお店の中には入れない。

小さい扉を腰をかがめて、くぐることでようやく異世界に入ることができるのです。


また、とあるアリスのシーンを思い浮かべてしまいます。


最高です。

 

外観や内観だけでなく、入店する行為にすら意味合い持たせてくるコンセプトショップはなかなか無いと思います。


本当に最高です。

 

他にもアリスをモチーフにしたアクセサリーやカバン、雑貨を売っている赤の女王の間、


トランプのアイシングクッキーやDrink Meと書かれた可愛い飲み物を販売している白の女王の間があります。

 

 

さて、ここで写真をいくつか載せたかったのですが


私のケータイの寿命が急に来てしまったせいで昨年以前の写真がすべておじゃんになったのです。なので、あげることはできませんでした。

 

無念…無念です…。

 

最高に可愛いお店なので、ぜひ行ってみてほしいです。


私も近々行きたいと思います。

 

 それでは、次



2店目 名曲喫茶 ライオンretty.me

 

創業は1926年!

 

戦前です。

普通選挙法が成立した1925年の1年後です。

あれです、まだ女性に参政権がなかった時代です。

 

ただ、昭和20年に東京大空襲で建物が全焼してしまったそうで今の建物はその5年後に同じ造りで建てられたものなんだそうです。

 

最初、入店する際に店員さんから携帯電話の利用と大きな声での会話が厳禁であることを伝えられます。また、写真を撮るのも駄目です。

 

なので、本当に静かにレコードからクラシック音楽を聴く優雅な喫茶店なのです。

読書とかに最高です。

 

大正~昭和初期の時代を感じながら、

ほのかな珈琲の香りと今となっては貴重なレコードを聴く休日。

 

なんて優雅な一日でしょう。

しかも、あるのが渋谷。本当に意外でした。

 

店内は1階と2階がありまして、ヌシは2階の席に座って珈琲を頂きました。

古き良きレトロな内装とシャンデリアがなんとも創業当時の雰囲気を感じられます。

 

また、メニューと一緒に今月のプログラムが渡されたことも衝撃でした。

およそ5000枚のレコードからいくつか流すのですが、どれを流すかは決まっているらしいのです。(日にちや時間によってはリクエストできるらしいですが)

しかもかなり古い音源で、本当に貴重な経験でした。

 

また、機会があったら行ってみたいです。

 f:id:potmum:20170513003741j:plain

それでは、明日の休日に備えて寝ます。どろん。

噂のお兄さん

 

 

 

こんにちは!

提出しなければいけないレポートをひいひい言いながら今頃書いている、等身大の女子大生・ヌシだ。

 

最近、ロングのバイトやレポートのための徹夜が続いてくると、それが終わったときに優しく頭を撫でてくれる優しいお兄さんがいたらなあと思ってしまう。

 

疲れたときにはよく、〇剣乱舞のキャラクター・マイ スイートエンジェルいち兄こと一期一振さんの「はい、よくできました」を聞いて涙を流している。

 

嗚呼……なんて尊いんだ。って思う毎日である。

 

ここまで来たら、分かると思うが

 

ヌシは物腰の柔らかい、優男が好きである。

 

爽やかな石鹸の香りがしてきそうな、少年のような笑顔を持つ年上男性が好きなのである。

 

 

しかし、決してお兄ちゃんが好きなのではない!!

 

年上男性が好きなのではない!!

 

お兄さんが好きなのだ!!!

 

 

そこだけは、そこだけはわかってもらいたい…。

 

さて、そんなお兄さんに目がないヌシが今夢中になっているある素敵なお兄さんがいる。

 

その名も うらみちお兄さん である。

 

matome.naver.jp

ガンガンONLINEで「トリマニア」を連載している久世岳先生の漫画の登場人物で、情緒不安定だけど体幹は安定している体操のお兄さん。

 

酒焼けで、子どもを呼ぶ声はガラガラだったり、毎晩特に面白くない深夜ドラマを観ながら安いカップ酒を呷っている独り身のお兄さん(31)である。

 

何が好きって爽やかな容姿のくせに凄まじいほど病んでいる。

今日も1日カラ元気を繕っていくお兄さん。

子どもたちに、いつか味わってしまうかもしれない苦悩や悲しみを説法している姿は何とも言えない哀愁と怖さを感じる

 

 

特にお兄さんが語る言葉がすごく重い。

 

その一部を紹介したい。

 

 

・転んで泣いている男の子にうらみちお兄さんからの一言

 

 

 

『お兄さんの存在意義が~いないいない…バァ

 

 

大人になったら自分で泣きやまないと誰も「いないいないバァ」なんてしてくれないんだよ

 

 

 

・後輩からあの名セリフ「諦めたらそこで試合終了」と励まされたお兄さんの言葉

 

 

 

 

諦めても 終わらせてはもらえない試合だってあるんだよ…「人生」とかね…

 

他にも、表紙のあおりのよい子のみんな~!シリーズもかなり心に響く台詞なのでぜひ読んでもらいたい。

 

現在、ヌシはこのうらみちお兄さんLINEスタンプを買ってレポート明けに友人たちへ送りつけたいという欲望が生まれてきている。

 

強く生きたいと思う!!!

フルーツビネガー飲んで、健康志向に目覚める女子大生ヌシであった。

f:id:potmum:20170511230037j:plain

それでは、また。

 

 

 

あの日見たあのフラペチーノの食べ方を私達はまだ知らない

こんばんは、今日も一日お疲れ様です。

ヌシです。

本日も、朝からバイトでその後大学でした。非常に疲れました。そういう時は、甘いものを欲します。スターバックスでフラペチーノでも飲もうと入店しました。

 

 そういえば、みなさんはスタバに行ったら何を飲みますか?

女子学生の多くは、おそらく「フラペチーノ」と答えると思います。

だって、ほかのカフェチェーン店よりスタバの商品って値が張っていますもん。どうせ、高いなら他の店にはない飲み物が飲みたいと私は思います。

しかし、フラペチーノ。冷たくて、甘くて美味しいんですが、最後のほう氷で少し味が薄くなる点だけが個人的に少し悲しいです。

 

さて、最近あった忘れられない未知との遭遇について語りたいと思う。

 

最新作アメリカンチェリーパイ フラペチーノf:id:potmum:20170510182918j:plain

 そう、こいつ。

 

なあ、一個聞いていい?

 

これ…。

 

 

これさあ…。

 

 

 

 

どうやって食べるん?

 

 

写真に写っているからお分かりの方もいるかもしれない。

ヌシは、最初ストローでパイドームの突貫工事に着手したわけだが、全く突き刺すことができず中身が溢れそうになってしまった。

 

そのため、急遽突貫工事ではなく、ナイフでパイドームとやらを切断しようと試みた。

だって、ストローで突き刺せる予定だったものである。

いけるはずだ。

 

 

そう、思っていた。

 

 

あのときまでは…。

 

 

 

 

結果…。

 

 

 

プラスチックナイフ、敗北。

 

 

なんて…、なんて無力なんだ。

全く切り分けることができなかった。

 

・・・。

 

もう、分からん!!!

 

 

 

パニックになるワイ、素手でパイドームを掴む。

 

 

ええーい、お前は中身のフラペチーノとは隔離じゃ。

 

つけながら食べるわー。

 

ディップ式じゃーい!!!

 

 

と、手を汚しながら食べた。

 

あんなに悩んで飲んだフラペチーノは初めてだった。

後で、本当の飲み方が気になったので調べてみた。

 

 

ふーん。

 

ストローで崩すんじゃーん。やっぱりねー。

 

 

ん?

 

 

んん?

 

 

それ、無理だったのですが何故?

何がいけなかったのだ、私のどこに問題があったんだよ!!!!

 

さらに調査。

 

Twitterで流れてきた、すれみさんという方の漫画でようやく理解する。

twitter.com

 

 

ストローで突貫工事をする際は、勢いよくしなければならなかったらしい。

しかし、ディップ式もまた間違えてはいなかった。

 

それでも、私は思った。

 

もうこの手の飲み物には手を出さない。

 

 

 

信じられるのはケーキ。お前だけだ。

 

そういうわけで、本日はフラペチーノじゃなくてケーキを買って帰宅した。

魅惑のスイーツタイムに入ろうと思う。

 

本日のケーキはこれ!


スタバのケーキも季節ごとに次々と新作が出ているのでご賞味あれ。

個人的には夏に出たレモンパイが最高だった。

甘すぎず、酸味もあって素晴らしい食べ物であった。

何といっても珈琲と合う!!!

 

まあ、元々、ヌシはレモンパイが好きなのだが。

今年もあのケーキが売られることを祈っている。

 

 

 

それでは、ピーチアールグレイタルトが私を待っているのでこの辺で。

お前誰やねん!洋画の邦題問題

どうも8時間のアルバイト業務を終えたヌシでございます

 

髪は、甘やかなキャラメルの香りが微かにではなくガッツリついております。ケン◯ッキーやミスター◯ーナッツで働く人たちと握手がしたい気持ちになっております。(食品を提供する仕事は体に香りが染み付くため仲間意識が強い。)

 

 

さて、今回は映画館で働くヌシが感じる問題について語りたいと思います。

 

題して、洋画の原題と邦題が違いすぎる問題。

 

通称、お前原題ちゃうんか!!!問題

 

知らない方もいらっしゃるでしょうが、実は洋画のタイトルそのまま使われているわけじゃありません。

 

全然タイトルと違うこともあるのです。

 

そう、それは先日わたしがグッズを販売していたときです。

 

ワイルドスピードのパンフレット一冊ください」

www.youtube.com

お客様に頼まれ、映画館スタッフ・ヌシは商品を探しに棚へ向かいました。本当に久々の出勤でワイルドスピードの表紙は分からないけれど、WとSって書いてあったらそれだよねーと思っていた。

 

 

見つからない。

 

 

 

ヤバい。パンフレット買うだけなのにすごい待たせていると焦るが、まあ見つからない。

 

ふと、隣のパンフレットの表紙を見た。主役のヴィン・ディーゼルがおる…。

 

ciatr.jp

 

 

こ、これやーー!!!!

 

 

と、まあ何とか見つけることができました。

 

 

そこで、ワイルドスピードのパンフレットをよく見るとこんな英字が載っていました。

 

The Fate Of The Furious

 

全然、ちゃうやん!!なんやねん!

黒木メイサさんの本名が島袋さつきってくらい違うやん!!!!!ってなりました。

 

ワイルドのも、スピードのの字もありません。直訳すると、過激なやつの運命っていう意味となります。元々の一作目のタイトルがThe Fast And The Furiousらしいです。それを直訳すれば「早くて過激なやつ」ってなって「ワイルドスピード」になったのかなって思います。

 

しかし、この困惑は他の作品でも度々起こります。

 

 

ヌシの2016年度最高に困惑した

洋画タイトルランキング BEST3

 

3位 グランド・イリュージョン

原題はNow You See Me。この言葉は、マジシャンの常套句で、続きが消えています。

Now you see me,now you don’t. (こっちを見て、見えてるでしょう?ほら、消えた)

こっちの方がカッコイイ気がするのは私だけだろうか。   

 

2位 アーロと少年   

原題はThe Good Dinosaur。優しい恐竜といったところか。ディズニー作品「アナと雪の女王」と似たものを感じる。アナ雪も原題は、Frozenといった非常にシンプルなもの。子どもが見たがるように主役の名前を邦題にしているのだと思う。

 

1位 ハドソン川の奇跡    

原題はSully。ごめんなさい。これは本当に分かりませんでした。パンフレットに原題だけ書かれていて困惑したことを覚えています。写真がついていたからかろうじて分かりました。

 

 

こんな感じです。しかし、必ずしも邦題がすべて駄目って訳じゃないと思っています。

原題 Bonnie and Clydeを俺たちに明日はないって訳した方は最高にクールだと思います。このタイトルなら、見たくなります。

 

 

洋画はなかなか見る方が少ないのでわかりやすく面白そうな雰囲気のタイトルに変えてしまうのかなってのが個人的な意見です。

 

そうだ、浅草へ行こう。

どうも、お久しぶりです。

ヌシです。

ついにゴールデンウィークも終わってしまいましたね。次回の祝日は、どうやら7月らしいです…。後2ヶ月、強く生きたいものです。

 

さて、長い休日でしたので私は浅草に行ってきました。

ということで、今回は浅草 について

 

実は、私は純喫茶を巡ることが好きでしてアルバイト代が多めに入ったときにはフラッと珈琲を飲みに出かけます。

 

その中でもオススメしたい喫茶店

 

アンヂェラス

f:id:potmum:20170509041550j:plain

このお店、かの有名な文豪池波正太郎氏、川端康成氏、手塚治虫氏も通っていたという喫茶店!

 

趣深く、ゆったりしたいときには最高のお店。その店でもきたら頼みたくなるのが店名がついたケーキ「アンヂェラス」と梅ダッチコーヒーです。

f:id:potmum:20170509041855j:plain

ケーキは、ミルクとホワイトの2種類ある。

特に伝えたいのがこの梅ダッチコーヒー☕️

ただのアイスコーヒーではありません。

 

なんと

 

 

 

シロップが梅酒なのだ!

 

また飲み切ると、甘い梅酒漬けの梅が丸々一個入っている!

 

いやあ、面白い。

飲んでみると、摩訶不思議な味がした。紅茶にブランデーを入れるような感じかな。

 

次に行ったのがこちら

higashi-tokyo.com

 

古物商店 東京蛍堂というアンティークショップ。

行ってみると、まるでそこはタイムスリップしたような異世界である。

f:id:potmum:20170509042528j:plain

見つけるのに一苦労しました。本当に目を凝らして探さなければ通り過ぎちゃう場所にあります。

f:id:potmum:20170509042537j:plainf:id:potmum:20170509045326j:plain

店内は、昔の着物や帽子、スリーピース、ステッキまで置かれていた。地が紫の矢柄の着物をオーナーのご夫婦が上から羽織らせてくれました。


地下にダンスホールをつくって、定期的に来場者全員が着物や昔の服に袖を通し、ダンスを踊っているらしいです。洒落てます。

 

浅草演芸ホール

次回は落語を見に行こう。

f:id:potmum:20170509042625j:plain

ミニスカのお姉さんの足とメンチカツ。

このメンチカツ、肉汁たっぷりでおいしい。

f:id:potmum:20170509042643j:plain

 

 

また、来よう。